業者間で審査基準に若干差が見受けられます…。

消費者金融については、全般的にカードローンの審査は甘く、銀行の審査に受からなかった人でもOKが出ることがあると聞きます。しかし収入が全然ない人は利用不可なので、注意が必要です。カードローンの借り換えを実施するなら、何と言いましても低金利な金融業者をセレクトするのが重要なポイントです。苦労の末に借り換えたところで、借り換え前のカードローンの金利と同等では無意味です。カードローンの審査で重要視されるのは収入や仕事歴ですが、以前の借入がマイナスポイントとなることもあり得ます。過去に借入していた情報は、日本信用情報機構や全銀協などに記録されているので、誤魔化すことは不可能です。無利息適用期限内に借りたお金を返せなくても、お咎め料的なものがあるわけではないので、キャッシングローンをお考えの人は、もちろん無利息期間を設けているキャッシング業者を利用すべきでしょう。融資サービスがあっても、銀行は「貸金業者」とは異なり、業務内容がどうあれ「銀行」ですので、貸金業法対象事業者にはなり得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です